2011年01月16日

能美市の弟殺人 検察は懲役7年求刑 (14日) 裁判員裁判に関するツイートのまとめ

hirono_hideki / 廣野秀樹
[刑事弁護]夕方出先のテレビで知りました。全然報道見かけなくなっていたので、まだ裁判やっているとも知らなかったです。この記事には書いていないみたいですが、背中から刺したそうなので正当防衛は難しそうです。 / 弟殺害 姉に懲役7年を求刑 … http://htn.to/K79P6K at 01/14 21:58
hirono_hideki / 廣野秀樹
http://bit.ly/hHl3J1 だいぶん前の事件だと思っていましたが、記事を読み直すと裁判員裁判になっていました。一昨年の9月ということは、確かに裁判員制度がスタートしていたみたいです。しかし、新聞の記事でも裁判員裁判の対象とか見た覚えはなかったです。 at 01/14 22:11
hirono_hideki / 廣野秀樹
http://bit.ly/hHl3J1この事件は同じ石川県ということもありますが、思うところがあるのでブログの記事にしておこうと思います。はずみで背中から包丁が刺さると言うことはあり得ないことではないと思いますが、弁護士の具体的説明というのは見た覚えがないです。 at 01/14 22:15
hirono_hideki / 廣野秀樹
(1)殺意を持って背後から背中を包丁で1回刺し殺害したとされています。(2)検察は、「正志さんは、母親に対して素手で向かっていった。←正確な記事と思いました。 / 能美市の弟殺人 検察は懲役7年求刑 (14日) 北陸・石川県ニュース http://htn.to/3MmjF6 at 01/14 22:48
hirono_hideki / 廣野秀樹
[刑事裁判]司法解剖を行った男性医師は傷口の形状や深さから「相当な勢いが必要。頭上辺りから振り下ろして刺したと推測される」と証言した。← 毎日新聞を見ている訳じゃないですが初めて知りました。 / 「娘を責めるつもりない」弟刺殺裁判員裁判… http://htn.to/TPvDrm at 01/14 22:54
hirono_hideki / 廣野秀樹
[刑事裁判]裁判員は2人が被告人質問。左端の男性は「弟から包丁を取り上げてから、最終的に刺してしまったまでの時間はどのくらいですか」と尋ねた。←読み落としかもしれませんが、こういう事実も知らなかったです。 / 能美の弟刺殺:「暴力制止し… http://htn.to/5UWMW5 at 01/14 23:01
hirono_hideki / 廣野秀樹
[刑事事件]この事件では、約1万2000人の署名入りの不起訴を求める嘆願書が金沢地検に提出されていた。←署名のことは以前、情報見かけていましたが、石川県民の100人に一人に相当しそうです。 / 能美の弟刺殺:裁判員裁判 「殺意」「正当防… http://htn.to/vwuG3B at 01/14 23:05
hirono_hideki / 廣野秀樹
[刑事弁護]夕方出先のテレビで知りました。全然報道見かけなくなっていたので、まだ裁判やっているとも知らなかったです。この記事には書いていないみたいですが、背中から刺したそうなので正当防衛は難しそうです。 / 弟殺害 姉に懲役7年を求刑 … http://htn.to/K79P6K at 01/14 21:58
hirono_hideki / 廣野秀樹
http://bit.ly/hHl3J1 だいぶん前の事件だと思っていましたが、記事を読み直すと裁判員裁判になっていました。一昨年の9月ということは、確かに裁判員制度がスタートしていたみたいです。しかし、新聞の記事でも裁判員裁判の対象とか見た覚えはなかったです。 at 01/14 22:11
hirono_hideki / 廣野秀樹
http://bit.ly/hHl3J1この事件は同じ石川県ということもありますが、思うところがあるのでブログの記事にしておこうと思います。はずみで背中から包丁が刺さると言うことはあり得ないことではないと思いますが、弁護士の具体的説明というのは見た覚えがないです。 at 01/14 22:15
hirono_hideki / 廣野秀樹
(1)殺意を持って背後から背中を包丁で1回刺し殺害したとされています。(2)検察は、「正志さんは、母親に対して素手で向かっていった。←正確な記事と思いました。 / 能美市の弟殺人 検察は懲役7年求刑 (14日) 北陸・石川県ニュース http://htn.to/3MmjF6 at 01/14 22:48
hirono_hideki / 廣野秀樹
[刑事裁判]司法解剖を行った男性医師は傷口の形状や深さから「相当な勢いが必要。頭上辺りから振り下ろして刺したと推測される」と証言した。← 毎日新聞を見ている訳じゃないですが初めて知りました。 / 「娘を責めるつもりない」弟刺殺裁判員裁判… http://htn.to/TPvDrm at 01/14 22:54
hirono_hideki / 廣野秀樹
[刑事裁判]裁判員は2人が被告人質問。左端の男性は「弟から包丁を取り上げてから、最終的に刺してしまったまでの時間はどのくらいですか」と尋ねた。←読み落としかもしれませんが、こういう事実も知らなかったです。 / 能美の弟刺殺:「暴力制止し… http://htn.to/5UWMW5 at 01/14 23:01
hirono_hideki / 廣野秀樹
[刑事事件]この事件では、約1万2000人の署名入りの不起訴を求める嘆願書が金沢地検に提出されていた。←署名のことは以前、情報見かけていましたが、石川県民の100人に一人に相当しそうです。 / 能美の弟刺殺:裁判員裁判 「殺意」「正当防… http://htn.to/vwuG3B at 01/14 23:05


 WordPressのブログの方でコメントしたいと思います。
posted by 廣野秀樹 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

モトケンこと矢部善朗(京都弁護士会)への質問と回答(2011年1月2日)

hirono_hideki / 廣野秀樹
@motoken_tw [2008]元検弁護士のブログについて<1> (Hatena::Diary 2008-06-23の記事から転載) | 告発/再審請求:http://bit.ly/hJWy60 見ていますか? 眼中無いですか? 誰に対する私怨なのか聞いておきたいです。 at 01/02 10:35
hirono_hideki / 廣野秀樹
@motoken_tw 追伸、個別でない事件など無いです。 at 01/02 10:36
hirono_hideki / 廣野秀樹
昨日とはうって変わり、能登半島宇出津は春のような天気になってきました。気温は高くないです。小木の帰りの遠島山公園下の温度計は4度でした。行くときは0度でした。ちょっとウキウキします。「春はあけぼのほのぼのと 能登はやさしや土までも♪」は、スーパーどんたくの曲の歌詞です。 at 01/02 10:52
hirono_hideki / 廣野秀樹
お昼に近い時間になりました。そろそろお休みです。ネットで何か釣れてくるかもしれないです。返事遅れます。明日になるかもしれないです。国民、被疑者、被告人、被害者を舐めすぎてるんじゃないの? 神様にでもなったつもり? という意味での覚悟です。 http://ow.ly/3wUJm at 01/02 11:13
hirono_hideki / 廣野秀樹
そうですか。ご返信ありがとうございます。今回は、基本的なスタンスを確認できただけも良かったです。 RT @motoken_tw: @hirono_hideki 私のブログのコメント欄は私の家の庭です。ただし、新しいブログは新しい家です。 at 01/02 16:38
hirono_hideki / 廣野秀樹
自分の家の庭だから遊ばせておいた。新しい家には立ち入るな、ということなのでしょう。全く返答にはなっていないと思っています。 at 01/02 16:47
hirono_hideki / 廣野秀樹
普通、家に人を招待したり、祭礼の際には門戸を開放するということもあるはずですが、家の中の会話というのは、外部に伝わらず、ほとんど影響を与えないはずです。看板に元検察官、弁護士と謳って、言いたい放題をやっていたブログの論理には、違和感おおありです。 at 01/02 17:07
posted by 廣野秀樹 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

警察に頼っても犯人をアシストしてわざわざ深刻な被害を作り出すことすらあり、という落合弁護士

2010-12-06 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」秋田弁護士刺殺1カ月、県警本部長が遺族に謝罪
非はなかったと言い張ってみたり、遺族のもとへ謝罪に行ってみたりと、一体、警察が何を考えどういう判断をしているのか、わからないですね。

ただ、言えるのは、警察に頼っても犯人をアシストしてわざわざ深刻な被害を作り出すことすらあり、そうなっても、のらりくらりと逃げ回り、失われてしまった生命は二度と戻らない、ということでしょう。

警察に協力して重要な情報を提供すれば、インターネットに情報が根こそぎ流出し生命の危険すら生じかねませんから、そういった情報提供はしないようにするに越したことはありません。

世界的には、警察は信頼できないのがデフォルトですが、日本でも、警察を信頼しないところからスタートし、情報は極力与えず、自分の身は極力自分で守るということを考えておかないと、情報流出で生きた心地がしなくなったり、秋田の弁護士のような悲惨な目に遭いかねないということではないかと思います。

警察は、いざという時には何の役にも立たないもの、と考えておけば、裏切られたと失望することもなく、より長生きもできるというものでしょう。

 最近訪問することもめっきり少なくなった落合弁護士のブログですが、この記事のコメントは、さすがに言い過ぎではないかと思いました。しかし、検事としての経験もある現役の弁護士なので、経験に裏打ちされた真実性もあるのかもしれません。
posted by 廣野秀樹 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 弁護士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする