2010年10月13日

Fedora13にTex環境をインストール

参考:
http://www.kano4.com/183
http://d.hatena.ne.jp/DOSEI/20100607/p1

yumでインストール
yum -y install texlive* xdvik xdvipdfmx
環境設定用のコマンドを実行
mktexlsr

~/.bashrcに追記
export TEXINPUTS=$TEXINPUTS:~/.my_style
export CMAPFONTS=/usr/share/ghostscript/8.71/Resource/CMap/

~/.my_styleのファイルの内容(個人的に追加した拡張機能なので通常は不要)
atbegshi.sty  eclbkbox.sty  eclclass.sty  infwarerr.sty


 Ubuntuに比較するとずいぶん簡単に導入できた気がする。




Powered by ScribeFire.

posted by 廣野秀樹 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Fedora | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

Fedora13でEmacsのmapaeで必要なPerlモジュールをインストール

yum install -y perl-CPAN
yum -y install perl-Jcode perl-SOAP-Lite perl-Crypt-SSLeay
posted by 廣野秀樹 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Fedora | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

yumで特定のパッケージを更新対象から外す

参考:YUMで特定のパッケージを更新対象から除外する方法

rootで次の設定ファイルを編集

# vi /etc/yum.conf


[main]という行の後、適当な位置で、

exclude=scim-* ibus-*

と記載。ATOK X3 for Linuxを使っているので、入力メソッドiBusと日本語変換エンジンscimを外した。これをやっていなかったために、updateで、2度もATOK X3 for Linuxをインストールし直す羽目になった。
たぶんこれでいいのだと思うが、確信と責任は持てない。



Powered by ScribeFire.



posted by 廣野秀樹 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Fedora | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする